雲柱社とは...

今から約3500年前、イスラエル人は被圧迫民族としてエジプトに住んでいました。イスラエル人でありながら、たまたまエジプト王宮で育てられていたモーゼに向かって、神は「乳と密の流れる郷」カナン(現在のパレスチナ)に彼らを導き出すように命令されました。

こうして紅海を渡り、40年にわたってアラビアの砂漠をさまよう民族の大移動が始まりました。しかし、その間に、偉大な神の愛と正義を示す、さまざまな奇 跡が彼らの行く先々で起こりました。このとき神は「彼らの前に行かれ、昼は雲の柱をもって彼らを導き、夜は火の柱をもって彼らを照らし、昼も夜も彼らを進 み行かせられた」(出エジプト13:21,22)と、聖書には書かれています。

賀川豊彦は、神がこの世に導かれる雲の柱のもと、いろいろな仕事をしてきたのです。1922(大正11)年から戦争の直前まで出していた雑誌に「雲の柱」 の名前を用い、また彼の社会に対しての施策や事業を支える法人として、雲柱社を設立したのです。 





Copyright 2005 Unchuusha